2021年9月18日

たびだち98号 特集 『孤独・孤立』が発行されました。

Filed under: お知らせ — admin2 @ 7時37分29秒

この度、KHJジャーナル「たびだち」(第 98 号) が発刊されました。

コロナ禍の今、私たちは、望むと望まざるとにかかわらず、孤独・孤立を強いられる社会を経験して います。

内閣府では「孤独・孤立対策担当大臣」が任命され、6月に政府が発表した「骨太の方針」では、孤独・ 孤立対策の提言が示されました。また、自民党によ る提言では、ひきこもり政策そのものを推進するた めの基本法への動きが始まり、「たびだち」でも今号 から、「ひきこもり基本法」についてのリレー連載が 開始されました。

家族や本人の生の声からは、孤独孤立の渦中の苦 しさや不安から、 少しずつ生きる希望を取り戻そうとする葛藤を伝 えています。今は、先が見えないなかでも、当事者 家族の視点から、「自分だけじゃないんだ」と傍らで そっと寄り添う一冊になればと思います。

必要としている人に、手に取っていただける 1 冊となれば幸いです(シェア歓迎)。

【 特集】 孤独・孤立コンテンツ一覧

●ひきこもり経験者と家族による座談会〜家族の孤独・孤立 子どもたちの目にはどう映ってた?
●劇作家・岩井秀人さんに聞く 「もっと人間は、メチャメチャ単純に幸せになろうとしていい」
●本人・家族の生の声
(「ひきこもり家族の孤独と希望」「未来の不安を感じる今、思うこと」~苦しい時は「苦しい」と言おう~
「取りたい資格の受験の道すら閉ざす仕組み」)

【 注目 CloseUp

●ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会 in 神奈川
●オンライン当事者会参加のススメ
●<リレー連載> 「ひきこもり基本法」の制定を望む

●元学校教師の参議院議員に当事者が
●内閣官房「孤独・孤立対策担当室」が目指すもの
●NHKドラマ「ひきこもり先生」演出家に聞く
●ひきこもりさんのオープンスペース「ねころんだ」(新潟県)
●新連載 「終活と家族」
●「ぷらっとホーム世田谷」の新たな取り組み
●読書と映画の部屋「物を失い、大切なことに気づく」
●みんなの投稿広場
●<連載>【タイアップ企画】8050問題を考える

<お問い合わせ>

KHJ 全国ひきこもり家族会連合会 本部事務局

TEL03-5944-5250

FAX03-5944-5290 info@khj-h.com

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © 2005-2019 KHJ香川県オリーブの会. All rights reserved.